脱毛に関する情報が満載!

こんな毛はさよなら!

脱毛後のかゆみの原因とは

脱毛後にかゆみを感じることがあります。
これは、脱毛の処理によって皮膚に見えないくらいの小さな傷がついていたり、毛穴が開いて水分が蒸発しやすくなったことによって乾燥を起こしている可能性があります。
傷がついている場合には、肌のターンオーバーを促すことで少しずつ症状は和らいでいきます。
改善させるまでの間に新たに刺激を受けたり紫外線を浴びたりすると治りが遅くなりますので、なるべく皮膚に負担のかからない生活を送ることが大切です。
乾燥からかゆみを感じているケースでは、入浴後の保湿ケアを徹底します。
保湿をすることによって水分と油分のバランスがちょうど良くなり、外的刺激から守るためのバリア機能も強化されます。
大抵はかゆみを感じるのはごく一時的なものではありますが、その間に適切なケアを行わないと後々の肌コンディションに影響を与える恐れがありますので、まずは正しく原因を突き止めて早急に対処していくことが重要です。

脱毛後に起こるかゆみの対処法

脱毛はレーザーや光を肌に照射し、毛根に吸収させることでダメージを与えていく方法が人気があります。
肌自体には負担がかからず安全な方法なのですが、レーザーや光は高温なので施術後は熱の影響で火照りが治まらず乾燥しやすくなります。
また、それに伴い赤みやかゆみが出たり、少しの刺激でも肌が荒れたりすることも多いです。
これは脱毛を受けた人がみな経験することなので心配はないですが、この期間をどう過ごすかで、その後の肌状態に違いが出てきます。
正しいのは火照りや赤みなどを抑えるために冷却パックなどを使用し肌を冷やすほか、乾燥が進まないよう保湿効果のあるローションなどでうるおいを保つことです。
かゆみがあるときは、つい掻きたくなるものですが、もし掻いて傷が出来た場合、そこから雑菌が入り込み炎症を起こす可能性もあります。
そうすると通常よりも治りが遅くなるばかりか、そのダメージの影響で傷などが残ってしまうケースもあるため、脱毛後は正しいケアを怠らないことが大切です。

Favorite

Last update:2017/4/11